天地無用!in LOVE2 舞台挨拶

天地無用!in LOVE2 舞台挨拶イベントレポート
ゲスト:折笠愛さん/井上喜久子さん
新宿シネマミラノ 1999年4月29日(木・祝) 午前9:00~10:30

 

イベント当日

朝から空は曇っており、時折雨も降っていました。やはり愛さんは雨女なのでしょうか?(^^;) しかし!会場は熱かった!私は運良く前から4列目という席に座れ、愛さんのお姿を目にしっかり焼き付けてきました! 舞台挨拶は上映後なので、ここでは舞台挨拶の模様だけお知らせします。

上映が終わって幕が下り始めると、会場から拍手が上がりました。そしてしばらくすると、オールナイトイベントの時と同じ司会者がステージへ。「天地無用!in LOVE2、いかがでしたでしょうか?」と言う挨拶に始まり、「これから舞台挨拶を始めますが、イベント慣れしている皆さんはご存じだと思います。録音や写真撮影はご遠慮下さい」の言葉で会場から笑いが起きました(笑)

 

愛さん登場!

そしていよいよ我らが愛さんの登場!左側の出入り口から表れた愛さんは、少し白が入って袖の開いた赤のワンピースに、ジーンズのパンツというお姿でした。ヘアスタイルはショートで、今回はアップにしておらず、首のシルバーのネックレスもさりげなくて素敵です。後に続いてハルナ役の井上喜久子さんも登場し、会場からは「おねーちゃーん!」という声がいくつもあがっていました。愛ちゃんコールがなかったので、その分私が頑張ろうと思いましたが、周りのパワーに負けました。ごめんなさい!

・・・と、この時、問題発生!ステージへ上がった愛さんはマイクを受け取り、井上喜久子さんも続いたものの、マイクが2本しかなくて、司会者のマイクを井上喜久子さんに渡す事となりました。なぜ3本用意しておかないんだ!?聞ける貴重なコメントの数が減るじゃないかぁぁ!!(^^;) 結局、マイクをお互いに渡し合いながらのトークとなったのです。

まず、愛さんの第一声は「皆さん、ハンカチは濡れていますか?」でした。そんなに嬉しそうに私達を見ないで下さい。照れるじゃありませんか!(なぜだ>私(^^;) そして、「私は、ラストのエンドロールのところでウルウルっときました」という愛さん。うんうん、私も同じ心境です!(ほんの少しでも自分と感想が似ていると喜んでしまう私である)また、「みなさんは、どうでした?」という愛さんに対しては、会場から大きな拍手と、「もう感動しまくりー!」という誰かの叫びが聞こえていました(笑)

司会者から愛さんへ感想を尋ねられると、愛さんは「もう舞台挨拶は3回目なんで、飽きているんですけど」という台詞で場内を爆笑させます。そして続いて「朝、台所から聞こえて来る包丁の音で目覚めるなんて良いね」という愛さんに対して司会者は「男の理想でもありますね」と答えると、愛さんは更に「これでエプロンだけだった日には・・・」と言い、場内は爆笑。司会者から「朝なんですから(笑)」とツッコミが入ると、「いかん!オールナイトイベントの気分がまだ・・・」という愛さんの言葉に場内は爆笑して、大きな拍手が起きていました。愛さんは相変わらず絶好調です!いいぞー!その調子ー!(笑)

そして作品やアフレコの話題へ移ると、愛さんは「ハルナは史上最強のライバルだった」「天地がカッコイイ」といった話しをされて、それから何故か話題がそれ始め、「ねぎし監督も恋をされていたそうですね」「この作品は実体験なんですね」「それからどうなったんでしょう?」「どうなんでしょうね~」と盛り上がっていました。ねぎし監督の恋話がどんどん広がっています(笑)

井上喜久子さんの感想は、「私の役には”もれなくボケが付いてきます”と言われているのに、今回は一度もボケなくて、”私、ボケなかったんですが、これで本当に良いんですか?”と思いました」で、言うまでもなく会場は盛り上がります。そうか!パンフレットに掲載されていた漫画のボケキャラの意味は、そういう事だったのか!(今頃気付くな>私(^^;)

 

メロンパン争奪戦

トークが弾むなかですが、ここで愛さんは手に持っている袋からメロンパンを取り出しました。会場の皆さんはもう何を取り出すか想像ついているのではないでしょうか(笑) 愛さんと井上喜久子さんのサイン入りメロンパンで、これを会場にプレゼントする事になったのです。ここで井上喜久子さんは「さっき楽屋で(愛さんから)メロンパンにサインを頼まれて驚きました」「メロンパンにサインしたのは初めてです」と言い、会場から大きな拍手が起きました。

そして結婚式の時の様に、後ろを向いて投げると言う愛さんですが、迷いもあって、井上喜久子さんにメロンパンを渡します。しかし当人は責任重大だと困って、司会者に投げてと頼んだり、「じゃ、ここに置いておきます」とステージの上へ置こうとし、最後には「じゃ、私が貰います」と言うと、会場から爆笑と大きな拍手が起きました。ボケキャラと言われるワケがだんだん分かってきました(笑)

結局愛さんが会場へ投げる事となり、後ろを向いて投げます。ちょうど私が座っていた列の距離に落ちましたが、残念ながら場所は外れ。落下地点では、メロンパンの取り合いで凄い事になっていました。どう表現したら良いか悩みますが、だいたいの想像はつくでしょうか(^^;)

最後に司会者から、「そろそろ時間も無くなってきましたが」と言われると、会場から「え~!」の絶叫があり、井上喜久子さんも「ええ?私これから2~3曲歌うつもりだったのに」と言い、会場から大きな拍手と歓声が出ます(笑) 最後に天地ファンへのメッセージを述べる事となったお二人ですが、まず始めに愛さんから、「in LOVE3がある事を期待しつつ、完結ではなく、また次のお祭りで」といったメッセージを頂きました。そして井上喜久子さんからも、天地作品に参加した事への感謝の言葉があり、イベント終了となったのでした。

 

最後に

毎度ながら記憶を頼りにしているイベントレポートですが、時間が経っている事もあって全ての内容をお伝えする事は出来ませんでした。井上喜久子さんの育児の話し(朝子供に起こされても寝たフリをするとか(笑))もありましたが、今回はこれぐらいでお許し下さい。

それにしても、井上喜久子さんの天然なところが炸裂したイベントですね。いや、私が知らないだけで、本当はもっと凄いのかも?(^^;) なにわともあれ、愛さんと井上喜久子さんの絡むトークは楽しく、充実の舞台挨拶でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました