81ドラマティックカンパニー「夢の海賊」

1997.12/7 81ドラマティックカンパニー「夢の海賊」

97年11月30日~12月7日まで池袋の東京芸術劇場小ホール2で開催された「81ドラマティックカンパニー」の公演です。

現実世界と夢の世界というパラレルワールドを描いた作品でした。

客演の愛さんはマクラ姫(主人公の恋人?)という金髪の姫の役でしたが、時にはSM女王のような赤い革の衣装に身を包んだ姿でエレキギターを片手に机の上に飛び乗って「イエーイ!」と叫ぶシーンもあり、様々な演技に圧倒されました。

ストーリーはとても面白い内容で、少し考えさせられる様なところも感動です。これを観て夢を追うことの素晴らしさを感じた人は多い事でしょう。

出演者も個性のある方々ばかりで、大友龍三郎さんの迫力ある演技も印象に残りました。

 

出演者は以下の通り。(敬称略)

関俊彦(三宅ツトム)、折笠愛(マクラ姫)、いまむらのりお(羊の下手屋)、田中完(ロバの粉屋)、大友龍三郎(ズック船長、池永課長)、宇垣秀成(サムソン)、くじら(死神)、柴本浩行(犬の大将)、園部啓一(犬の大将)、中村ひろみ(ウサギの細工屋)、津久井教生(猿のからくり屋)、河野智之(猿のからくり屋)、重松花鳥(豚の磨き屋)、福島おりね(遠藤、海賊)、川島得愛(貧乏神)、田中啓之(ユカタ)、北浦隆宏(暇猫)、東さおり(暇猫)、内田いづみ(疫病神)、小田木美恵(疫病神)、浪岡晶子(オウム)、河内麻友子(オウム)、尼子真理(プルプル、芹川)、辻香織(プルプル、芹川)、酒井哲也(海賊、吉本)、関根宏次(海賊、木島)、並木伸一(海賊、木下)、米沢規広(海賊、木島)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました